2010年12月03日

仙台の冬の風物詩「光のページェント」今日から開幕/宮城・仙台

みんなの経済新聞ネットワーク 12月3日(金)20時23分配信



「SENDAI光のページェントは、3日に開幕です。

定禅寺通のケヤキ並木が55万個の電球で彩られました。

光のページェント.jpg


仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」が
12月3日、例年よりも9日早く開幕しました。




同イベントは1986(昭和61)年の開始以来、毎年12月12日から行われていたが
寄付や協賛の状況などから長引く不況を実感していた実行委員会が

「例年よりも早く開幕することで集客増加による経済効果につながれば」
(瀬戸敏之委員長)と開幕時期が早められました。






スローガンは「光の和、想いをひとつに!」だそうです。

来場者数は昨年の276万人を上回る300万人超を見込んでいるそうです。





25回目を迎えた今年は、定禅寺通(東二番丁通〜市民会館前)の160本のケヤキに
55万個の電球を装飾。昨年は全体の3分の2に採用していた発光ダイオード(LED電球)
をすべてに使用したそうです。




「来場者の反応をリサーチし、色や輝きなど問題ないと判断した」と関係者は言います。
期間中、屋外アイススケートリンク、サンタパレード、学生によるコンサートなど
多数の関連イベントを実施されています。



来場者から要望の多かった記念撮影向けの展望台も勾当台公園に新設されました。

「ちょうどサンタオブジェの後ろ側。高台になっているので
定禅寺通のページェントや公園内のイルミネーションをバックに撮影を楽しん」と
言うことらしいです。


点灯時間は17時30分〜23時(最終日は24時まで)
18時〜20時の1時間おきに、約1分間消灯した後に再点灯する
「スターライト・ウインク」を実施です。最終日は今月31日です。
posted by ノンビー at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

佐賀:子育て支援イベント

子育てイベント「ばぶばぶフェスタ」に親子1万3千人が集合




ibennto.jpg

 子育て支援イベント「ばぶばぶフェスタどん3」(佐賀県、佐賀新聞社主催)が
23日、佐賀市のどん3の森一帯で開かれた。






「出会う・つながる」
をテーマに多彩な催しがあり、1万3千人が訪れてにぎわった。



会場は子どもの歓声に包まれ、子育ての喜びを分かち合った。




神野幼稚園(同市)の園児によるはつらつとしたマーチング演奏で幕開け
屋外では終日コンサートやショーがステージで繰り広げられ
無農薬野菜の販売や動物とのふれあい体験など多彩なブースも並び
大勢の親子が詰め掛けていた。

 



アバンセでは子育ての幅広い相談に応じるコーナーを設置
栄養士や薬剤師など専門家が健康や食事、親の就職などについてアドバイスをしていた。
フェスタは少子化や核家族化が進む実情に合わせ
地域全体で子育てを支える輪を広げようと昨年に続き開催した。
posted by ノンビー at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

子育てタクシー運行開始 全国最多の20社が導入

子育て支援タクシーの運行開始in山形



育児の研修を積んだ運転手が子どもや妊婦の送迎の手助けをする
「子育てタクシー」の運行が26日、県内でも始まった。

県の後押しを受け、全国最多の20社が導入した。

こどもタクシー.jpg

全国子育てタクシー協会(事務局・京都市)の登録商標で
講習を修了した運転手だけが行えるサービスです。

妊婦や子ども1人だけでも安心して利用できるのが売りで
車体の黄色いマークが目印だ。



県が講習費などの初期費用を助成するなど全面的に支援したこともあり
県内では76人の子育てタクシードライバーが誕生した。



この日、県庁で出発式があり、研修を積んだ運転手が
招かれた親子連れを送迎した。



中央タクシー(寒河江市)の菅野惣右エ門さん(56)は
「子どもの視点に立って、安全安心で快適な運行を心がけたい」と意気込む。



協会の内田輝美会長は
「子育てタクシーを信頼のブランドとして展開していく。山形モデルを全国に発信してほしい」
と話した。



サービスの利用は基本的に登録制
提供している会社は県のホームページや子育て支援課で案内している。

posted by ノンビー at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

子育てFM が支援 3世代ママが的確助言

子育て FMが支援:3世代ママ 的確助言

番組.jpg

番組のパーソナリティーを務める高橋さん(右)と大川さん(尼崎市のエフエムあまがさきで)


 尼崎市のコミュニティーFM「エフエムあまがさき」(82・0メガ・ヘルツ)で
今月始まった子育て支援番組「親子すくすくラジオ」が快調な滑り出しを見せている。



パーソナリティーは20歳代の「ヤングママ」、30歳代の「ママさんDJ」70歳代の「ベテランママ」の3世代が担当。



それぞれの立場から

「子どもは泣くのが仕事と考えて気を楽に」

「カラオケやランチで上手に息抜きをして」と

奮闘中の母親の気持ちを和らげるトークを続けている。




 番組は毎週土曜日の午後2時半からの30分間。


同局のDJで、小学3年の長女を育てる高橋恵美子さん(37)(大阪府大東市)
子育てアドバイザーの安田幸子さん(73)(尼崎市)
1歳の長女がいるママサークル「Cherish(チェリッシュ)」
代表の大川奈奈枝さん(22)(同市)が出演している。



 番組では、高橋さんがメーンの進行を務め
安田さんが尼崎市内で小学校教諭を務めた経験や
心理カウンセラーの資格を生かし、若い母親にアドバイスを送る。



高橋さんが夜泣きで眠れなかった自らの経験を披露したときには
安田さんは「子育てはときに開き直りも必要」と助言していた。



 育児ノイローゼになりかけた体験のある大川さんは月1〜2回
若い母親の立場で参加。バーベキューやランチ会でママさん同士の親睦(しんぼく)を
深め、子育ての悩みを語り合う活動への参加を呼び掛けていた。



 同番組では、子育てグッズの紹介や
尼崎市内の子ども連れに優しい店のマップ作りなども検討中。
子育てに関する相談や情報提供も募集している。
同局にファクス(06・6483・2501)や
メール(mail@fmaiai.com)で。

(2010年10月25日 読売新聞)
posted by ノンビー at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

子育て支援「手探り子育て、パパ同士で共感」

手探りの子育て パパ同士で"共感"
かわさきパパ・スクール(全5回)がスタート

2010年10月15日号 東京都町田市 情報誌 「タウンニュース」より

町田市.jpg

育児に積極的な男性(イクメン)が注目される中
父親の育児支援活動を行うNPO団体がパパのための
子育て講座をスタートした。


始めはぎこちなかった受講者同士も
次第に打ち解け、子育て話に共感の花が咲いた。



 「妻が(勝手に)申込んで」「子どもがこれから生まれるから」?
様々な理由ですくらむ21に集まった受講者たち。



9日に行われたNPO法人ファザーリング・ジャパンと
川崎市男女共同参画センターの協働事業
「パパ・スクール」の初回にパパ10人が参加し
ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の極意を学んだ。



講師から育児を楽しむ方法としてパパ友を作る
パパになるスイッチを入れる、ワーク・ワイフ・バランス
などのポイントを学ぶと、パパらは真剣に耳を傾けつつ
日頃の行動を省みる様子も見られた。



意見交換では、「急な飲み会に誘われた際の妻への報告の仕方」
などの悩みや育児に関わる姿勢について話し合った。



「妻との円満な関係を築くには、顧客満足のためどうすべきかを考えるのと同じ」
と仕事になぞらえて話す人もいて、多くの共感を呼んでいた。


主催側は「将来の父親像を考える良い機会になったようだ」
と手応えを感じているようだった。



パパ・スクールは全5回実施し
次回は10月23日(土)に行われる。

申込み方法、受講料などの詳細はパパスクール事務局(【携帯電話】080・4334・9445)へ。







posted by ノンビー at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

家事代行サービス「やさしい手」おまかせさん

掃除・洗濯・お料理と家事のことならなんでもおまかせ!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ ほかの家事代行サービスと比べてみてください! ■■■
──────────────────────────────
「やさしい手」の家事代行サービス お┃ま┃か┃せ┃さ┃ん┃
                 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎◎◎ 介護サービスで培った経験が活きています。 ◎◎◎


[1]ヘルパーは全員が福祉・介護、医療などの有資格者!


[2]「どんな人が来るか不安」という場合は
ヘルパーとの事前面談も可能!(有料)
[3]もちろんプライバシー・秘密を厳守!


[4]介護保険サービスのヘルパーと
同じヘルパーを利用することも可能!


[5]お客さまごとにサービスプランを作成し、
   お客さまのご要望を的確に反映したサービスをご提供!


◎◎ だから、「やさしさ」と「安心感」が違います!! ◎◎


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆おまかせ家事コース


◆掃除・洗濯など毎日の家事を代行!


◆おまかせケアコース


◆介護保険が適用されないサービスをご提供!


◆おまかせチャイルドコース


◆小さなお子さまのお世話にも対応!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
詳しくは「おまかせさん」ホームページをご覧ください。
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1O30G0+DZORBU+1PTK+626XV"target=
──────────────────────────────
▼お問い合わせ・お申し込みはお電話でお気軽にどうぞ。
 TEL フリーダイヤル0120-834-433
──────────────────────────────


posted by ノンビー at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

小児科医考案の哺乳ビン・ドクターベッタ哺乳ビン


ベッタベビーストア】小児科医考案の哺乳びん


赤ちゃん.jpg

グッドデザイン賞受賞の赤ちゃんの姿勢にこだわった【ドクターベッタ哺乳びん】



からだをすっぽり包まれてママのお腹の中の安心感のスリング
【ベッタ キャリーミー!】など、赤ちゃんの事を
第一に考えた商品を様々取り揃えています。

ブラッシ.jpg


生まれくる大切な赤ちゃんと
赤ちゃんを育むママ、その二人を見守るパパの存在。




そんな家庭には、やさしい気持ちと
健全な身体がなによりの宝物でしょう。



次世代を担う赤ちゃんとその家族が
健やかで幸せになって頂ける事を、
何より願っております。




当社が提案する商品は赤ちゃんの目から見た
快適商品でありたいと思います。

キャミ.jpg


そして「こういう物がほしかったのよ。」
と言われる商品になれれば幸いです。



ドクターの目から見た使いやすい哺乳ビン
赤ちゃんの動きに合わせて、危険のないように
工夫して作られているグッツ
を用意してあります。



楽しみながらの子育てに、ストアーを
ぜひ、ご利用ください。


ベッタベビーストア】出産祝いギフトセット








posted by ノンビー at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃんの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

コシアカツバメ 子育てに励む



コシアカツバメ(腰赤燕) 子育てに励む


 
神奈川県鎌倉市郊外の建物で8月25日、子育てに励むコシアカツバメ。

玄関の天井に作った、とっくり形の巣から顔を出すひなに餌の昆虫を与えた。

午後、巣立ちしたひな3羽が親とともに巣の中に戻って来た。

残る1羽の巣立ちを励ますためだろうか。


子育て.jpg


 日本では5種のツバメ類が繁殖し、その中で一番大きく全長19センチ。

赤褐色の腰の色が名の由来。


一般的なツバメより少し大きい。

 

(写真と文・堀内洋助)





posted by ノンビー at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

企業が子育て支援に力 育休対象を拡大して、保育所は安く



企業が社員の子育てを後押しする制度を充実させるようになりました。

こどもがおおきくなっても短時間勤務を認めたり
企業ないに保育所を設けたりと地方でも
大都市圏に負けないケースが出てきております。


特に、北関東では、世代間同居から
核家族化が進み育児に負担を感じる若い世帯が多くなりました。


優秀な人材を引き止めるため
企業では、子育てを応援する環境を作ることが経営課題となっています。



「お先に失礼します」
午後4時半、服飾・雑貨店チエーンのAさんは
職場を後にして車に乗り込みます。


実家で母親が保育園から連れて帰った1歳3ヶ月の長女を引き取り
埼玉伝の自宅へ向かう。

7時半に帰宅して、娘を遊ばせながら夕食の準備に取り掛かります。


この会社は、この春、育児中の社員を対象に短時間勤務制度を導入して
9歳になるまで勤務時間を最短5時間半に短縮できるようになった。


Aさんは、午前9時45分の出社、育児に遠距離通勤が重なってあわただしい毎日だ。
「慣れてきたら勤務時間をのはしたい」と張り切っているようだ。






アフィリエイトサイト作成代行「サイくる」










posted by ノンビー at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

産後うつ、理解深めて 毎年10万人前後、発症 早期治療なら薬不要


入浴.jpg


 出産後に思うような子育てができずに自分を責めたり、イライラして子どもを傷つけたりする母親がいる。

出産後の女性の1割がかかる「産後うつ」という病気だが、医療機関や家族の認識不足から適切なサポートを受けられず、苦しむケースもある。


 「この世から消えてしまいたい」

さいたま市の主婦(32)は4月上旬、第1子を産んだ直後から気分が沈みがちになった。

出産した病院に相談したが、担当の産婦人科医は「初めての出産で疲れているだけ」と言うばかり。

「別の病院を探して」と突き放された。

 途方に暮れ、懇意の医者に相談,

紹介された心療内科で産後うつと診断された。

現在もカウンセリングが続いている。

会社員の夫(34)は「妻の様子がおかしく、一刻を争う事態だった。

なぜ出産した病院で診てもらえなかったのか」と憤る。



 産後うつは産後半年ごろまでに発症し、憂うつな気分や食欲不振、体のだるさなどが2週間以上続く。

産後のホルモンバランスの変化や家事育児の増加が、興味の喪失や慢性的な疲労感を引き起こすといわれている。

7月下旬には、2月に出産した日本テレビの女性アナウンサー(34)が自殺。

親族がテレビ番組に出演して、うつ病の診断を受けていたと明かした。




 産後うつに詳しい三重大学保健管理センターの岡野禎治教授(精神医学)によると
国内では産後の女性の約8〜14%、毎年10万人前後がかかると言われている。

岡野教授は「まじめできちょうめんなタイプが多い」と話す。




 問題は、産婦人科が出産後のケアに積極的にかかわろうとせず、小児科も子どもの健診が中心で、病気が見過ごされがちなことだ。

また,、投薬治療が中心の心療内科は、授乳への影響を懸念して母親が敬遠する傾向にある。

 


日本周産期メンタルヘルス研究会の宗田聡理事(パークサイド広尾レディスクリニック院長)は「出産後の相談窓口をつくらなければならない。
投薬が必要な患者は1〜2割。早期に治療を始めれば、カウンセリングで回復が可能」と強調する。




 母親が産後うつにかかったら、家族や周囲はどう接すればよいのだろうか
岡野教授は「体をゆっくり休めることが必要なので、できる限り家事や育児を代わってあげて、特に夫が病気のつらさを理解して、一緒に専門医を受診してほしい」と助言する。

 気をつけたいのが回復期だという。

「治療後2〜3カ月は自殺の危険がある。勝手に治ったと判断して薬をやめたりしないでほしい。家族も専門医の判断があるまで気を抜かずに見守って」と話す。


日本経済新聞-‎2010年8月16日‎


女優愛用メイクアップ商品「プックリスタ」 秘伝 激安
PR
髪の悩み@スカルブDレデース

posted by ノンビー at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。