2010年02月06日

新入生の入学準備説明会&必要な物の準備

入学の前に「新入生の入学準備説明会」を経て
入学に必要なものの準備をしましょう。

幼稚園や保育園・保育所の入園の時の準備との微妙な違いに
とまどいつつもなんとかこぎつけることができてホッとしている方
も多いのではないでしょうか?


入学準備とは別にこれから始まる小学校生活6年間の
スタートでもある大事な日なので、入学の準備とは別に
入学式の準備も万端にしておきたいところです。


例えば、初めて入学式を経験する時にはどんな洋服を着たら
いいのだろう?

って迷いますよね?


入学式は、小学校生活のスタートを飾る大事なセレモニーです。
入学式と卒業式はやっぱり学校行事の中でも重みが違います。

幼稚園や保育園・保育所の入園式・卒園式と同じように
子どもにとってもお父さんお母さんにとっても新しい門出の大切な日です。

そうとなれば、やはり晴れ姿を写真やビデオで撮影して思い出として
残しておきたいと思うのが親心でしょう。


そんな晴れ舞台にふさわしい入学式のためのお子さんの服装と
お父さんお母さんの服装に分けてご説明していきます。

もし、何を着せようか何を着ようかに悩んだら
周りの子供の入学式を先に経験された方に聞いてみてはいかがでしょう?


同じ小学校に通う予定の親ごさんに知り合いがいれば
一緒に考えてみるのもいいかもしれませんね。

1〜2月頃に百貨店や総合スーパーに行けば
子供服売場に行けば入学式用の服を集めたコーナーが
婦人服売場に行けば入学ママ用のマザースーツのコーナーが
開設されていますので、実際に下見に行ってみればイメージも掴めますよ!


中国語上達の方法」を教える川口亜希子の中国語のツボとは、内容・詳細

アイトレーニング:視力回復・こどもの視力アップ法 自宅トレーニング・メールサポート付 田中 謹也 評判 口コミ
posted by ノンビー at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

小学校入学の時に手作りするのは、どんなもの?

かわいくて高機能なアクセス解析ツール【アクセスプラス】が使える




ランドセルや制服といったものは、手作りする訳にはいきませんね!
ここでは、手作りすることが可能なアイテムを紹介します。


レッスンバッグ

「レッスンバッグ」というのは、元々はピアノ教室などに通う時に
楽譜を入れるバッグとして使っていたバッグを指していましたが
それが高じてお稽古事や習い事に行く時に持っていくバッグのこと


今では、同じようなサイズの手提げバッグを呼ぶのに
「レッスンバッグ」と呼んでいます。
レッスンバッグは、学校に行く時に教材を入れるのにもピッタリです。
絵本ぶくろ、サブバックなどとも呼ばれています。

レッスンバッグは、行事などでランドセルに入れるほど
教材を持つ必要のない日の通学カバンになります。

また、ランドセルには入りきらなかった学用品を入れるために
使われます。

小学校低学年ではお道具箱や算数セットなどの持ち運びに使う場合
が多いかもしれません。

学校によってはお道具箱を入れる専用のバッグが付属しているものを
購入させる場合もあるので、その場合は必要はないでしょう。

もし、入学時に手作りするとしたら、中にいろいろなものが入るよう
少し大きめのものを作ることをおすすめします。
マチなしで作るのであれば、直線で縫うだけで意外と簡単にできますよ。



シューズケース(シューズバッグ)

シューズケースは、幼稚園や保育園・保育所でも使っていたことが
あると思います。

ですが、子供はどんどん成長するので
その時のサイズよりも大きい靴を履くようになって
前に使っていたものがそのまま使えなくなってしまうこともあるで、
せめて小学校の半分くらいは使えるように、この機会に新調することを
お進めします。

市販のものだと、ファスナーがついているタイプのシューズバッグが
多いですが、手作りする場合は巾着タイプにする方が作りやすいです。

体育靴や上靴の持ち運びが少ない学校の場合はシューズケースは
必要ありません。


給食袋・エプロン・三角巾・給食ナプキン

給食袋は、学校によって色々あるようです。

学校によっては、給食袋と給食当番用の衣類は
学校で用意している場合もあるので、そのような場合では用意する
必要がありません。

詳しくはこちら




友人から聞いた話ですが、家の近所にあるゴミ屋敷 片付けがあったそうです。
不用品 回収 業の方が来たり、 ペットボトル リサイクルの業者の方が見えていたり本格的に掃除をしていたそうです。
現在では建築リフォームを終え、立派な外観になっているそうです。
友人はというと引越しを考えているらしく中央区 不動産などを回り 椎名町 賃貸物件や、 グランドガーラなどを検討中とのことです。

別の友人も西小山に引越しを考えているのですが 西東京 リフォーム業者にお願いしてリフォームで済ますことも考えているそうです。
いずれは不動産投資 東京で始めたいと言っていました。
その友人の奥様は現在コールセンターにお勤めなのですが、 ネットショップ 作成に興味があり勉強中とのことです。
他にも通販 化粧品や ブランド 通販を見るのが趣味で 電話占いなんかも楽しんでいるそうです。
友人との出会いは学生時代で、その頃からお取り寄せ スイーツを頼んだり、団体夜行バス 名古屋ツアーや、 国内格安航空券を使って 沖縄ツアー 格安に行き ダイビングを楽しんだりと多趣味な方だったそうです。
美容を保つためにヒアルロン酸を摂取したり しみを除去したりしているそうで、最近は脱毛 全身を考えているそうです。奥様のお友達で全身脱毛をされた方がいらっしゃるので、 脱毛 全身の話を聞き、お手入れの手軽さを考え検討しているようです。
もちろんご結婚前はブライダルエステに通われていたそうです。
これだけ美容や健康に気を使っていればがんになることもないかもしれませんね。
美容関係の店舗は景気がいいのかよく看護師の求人や 医師 求人を行っているような気がします。
整体 学校も学生のみならず主婦層にも人気なんだとか。
この不況の時にだからこそ、「手に職を」という広告 新卒には響くのかもしれません。
中にはワーキングホリデー 保険をかけて海外に働きに行ってしまう人もいるんでしょうね。
奥様もお子さんには国際的な人になって欲しいらしく、子供が生まれたら幼児教室 横浜に通わせたいようで、成長後は塾を考え、東京や神奈川などは勿論、色々な情報を得る為に塾 福山や 学習塾 福岡等の各地の塾の情報を調べているそうです。
夫である友人は気が早いなと言っていました。

税理士 広島で税金の管理をしている知人の会社では カラー コピー機を コピー機 レンタルしているそうで、取引先への書類を届ける際はバイク輸送 格安の所を利用しているそうです。
近々会社が助成金 代行を考えているそうで、今は情報を集めるために忙しいそうでしたが、忙しいということは会社が順調ということだと、思い安堵しています。
posted by ノンビー at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

新入学のスタート!入学前に準備を・・・

入学の前に「新入生の入学準備説明会」を経て
入学に必要なものの準備をしましょう。



幼稚園や保育園・保育所の入園の時の準備との微妙な違いに
とまどいつつもなんとかこぎつけることができてホッとしている方
も多いのではないでしょうか?



入学準備とは別にこれから始まる小学校生活6年間の
スタートでもある大事な日なので、入学の準備とは別に
入学式の準備も万端にしておきたいところです。



例えば、初めて入学式を経験する時にはどんな洋服を着たら
いいのだろう?

って迷いますよね?


入学式は、小学校生活のスタートを飾る大事なセレモニーです。

入学式と卒業式はやっぱり学校行事の中でも重みが違います。

幼稚園や保育園・保育所の入園式・卒園式と
同じように子どもにとってもお父さんお母さんにとっても
新しい門出の大切な日です。



そうとなれば、やはり晴れ姿を写真やビデオで撮影して
思い出として残しておきたいと思うのが親心でしょう。


そんな晴れ舞台にふさわしい入学式のためのお子さんの服装と
お父さんお母さんの服装に分けてご説明していきます。


もし、何を着せようか何を着ようかに悩んだら
周りの子供の入学式を先に経験された方に聞いてみてはいかがでしょう?



同じ小学校に通う予定の親ごさんに知り合いがいれば
一緒に考えてみるのもいいかもしれませんね。


1〜2月頃に百貨店や総合スーパーに行けば
子供服売場に行けば入学式用の服を集めたコーナーが
婦人服売場に行けば入学ママ用のマザースーツのコーナーが
開設されていますので、実際に下見に行ってみればイメージも掴めますよ!
人気モデルデザイン!!『eskrim』a>

2009年11月09日

スポーツ少年団とは?、日本体育協会の仕事

スポーツ少年団とは?、日本体育協会の仕事



近年は、健康ブームによって、国民のスポーツに対する関心は高まっています。




財団法人日本体育協会は、国民に「みんなでスポーツを!」
の標語を掲げて広く呼びかけるとともに
スポーツ環境の醸成と楽しく安全なスポーツ活動の
実践をサポートしていく組織です。





わが国における国民スポーツの統一組織として
子どもたちから高齢者まで、生涯スポーツ社会の実現に
向けた事業を推進する特定公益増進法人の団体です。




日本体育協会は、オリンピック大会参加を契機として
明治44(1911)年7月に嘉納治五郎を初代会長として創立されました。




オリンピック大会参加だけにとどまらず、設立当初から「国民スポーツの振興」と
「国際競技力の向上」を役割とし、第二次世界大戦後まもない昭和21(1946)年に
初めて開催された国民体育大会は、今日では国内最大の総合スポーツ大会へと
発展しました。




昭和37(1962)年には、日本スポーツ少年団が創設され、
スポーツによる青少年の健全育成に努めています。




また、昭和39(1964)年には
東京オリンピック大会を開催されたことが
国民のスポーツへの関心に対応して
国民スポーツ振興のための事業を積極的に展開することになりました。




以来、スポーツ指導者の育成、生涯スポーツの振興、国際スポーツ交流
スポーツ医・科学の研究など、諸事業を幅広くすすめられています。
 



平成元(1989)年に日本オリンピック委員会(JOC)は
本会組織から分離・独立し、オリンピック競技大会等への選手団の編成
派遣と、競技者の育成を担うことになりました。




日本体育協会は、スポーツ振興と国民体力の向上
さらにはスポーツ精神を養うことを大きな責務となっています。




そのため、平成13年1月に21世紀の国民スポーツ振興方策を立案して
競技団体や地方の組織と連携・協力し、さらなるスポーツ界の発展へ
向けた方策を推進するよう努力をおしみません。




なお、必要な財源の確保(国、スポーツ振興くじ
公営競技、日本馬主協会連合会、スポーツ振興基金をはじめ
各種企業団体等の支援協力)に努力するなど
わが国のスポーツ界における競技力向上と生涯スポーツの振興が
実を結ぶように常に努めています。

サクラサク高校受験勉強法 坂本七郎 家庭学習コンサルタントが教える学習方法 講座

自宅で、一人で、わずか35日間で改善してしまう吃音改善プログラム 井坂京子 方法

posted by ノンビー at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

七夕祭りが近付いて来た!

東北の三大夏祭り






東北の三大(夏)祭り」が近づいてきました。




今年も、七夕祭りが近付いてきました。
商店街では、年中行事として、竹飾りを競いあいます。



お店の売り上げにも、響くのでしょうか?
いまごろは、どこのお店でも従業員さんやアルバイトさんが
吹き流しや飾りものつくりに大忙しのことでしょう。



去年の観光客の数は、68.4万人だったそうです。
商店街の七夕にかける期待は大きいものがあります。




パグ犬、クリンの家では、男の子が二人なのですが
ママが児童館の先生なので、

「この竹飾り、きれいでしょう」

と、言って一本の小さな竹飾りをもってきました。
手織りの鶴を7羽糸につないだのと、鎖と10個ほど
つないだものです。



折り紙の色がきれいなので、竹の葉っぱの色にはえて
はなやかでした。



「わたしが子どもの頃は、軒下に飾ったのだけれど
 軒がないから、ベランダでがまんして!」

と、言いながら、ベランダに紐で結びつけました。




「となりに、これをつるそう」

パパが持ち出して来たのは、ガラス細工の風鈴でした。




風が吹いてくると、風鈴がチロリンシャンとおとを
だしました。

「風情がありね!」

おばあちゃんが、にこにこして目を細めています。




パグ犬が

「ウワン」

と、吠えました。




お盆になたら、ママもお休みがとれるそうです。




家族みんなで、北海道旅行に行きます。
そのとき、青森の町を見ることになっていましたが
ねぶた祭りは、もう、終わってしま手いることでしょう。




リオンくんとヤング兄ちゃんは、家族と一緒に短い旅を
味わってくれるといいですね。



昨年の祭りの観光客数

仙台七夕まつり(宮城県仙台市) 68.4万人/日

青森ねぶた祭(青森県青森市) 53.2万人/日

秋田竿燈まつり(秋田県秋田市) 33.5万人/日












posted by ノンビー at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

おしゃれな先生が、家庭訪問にやってくる

おしゃれな先生が、家庭訪問にやってくる



きょうは、リオンくんの担任の先生が、家庭訪問に
来る日です。




朝から、リオンくんは、そわそわしていました。





週休2日制になってから、家庭訪問は、夏休みに行うように
なたのです。




6年生になったとき、リオンくんは、思っていました。
担任の先生は、男の先生で、スポーツばりばりの人が
いいと・・・




発表されたのは、若くてきれいな女の先生でした。

「がかり!おんなか?」

首をかしげて、リオンくんは、たっくんに言いました。

「いいじゃんか!うつくしくて。」

たっくんは、うれしそうに笑っていました。




リオンくんは、今まで、出会った女の先生は
体育着で、忙しそうに走り回っていました。





でも、今度の先生は、スカートをはいて、
おしゃれをしています。

「ママ!こんどの先生、女で!しゃれてんだよ!」

と、ママに教えました。

「あら、いいじゃない!きれいなのは、いいことよ」

と、請け合ってくれません。





でも、勉強は、面白いし、きちんと話すし

「まあ、いいか?」

と、この頃、思うようになりました。





先生が、10時ころ、来ました。
リオンくんは、照れながら、パグ犬「クリン」を連れて
散歩に出かけていきました。

今週の映画情報

posted by ノンビー at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

パグ犬:クリーンが家にやって来た!!

パグ犬:クリーンが家にやって来た!!





去年の夏、パグ犬が家にやってきました。
手のひらに乗るくらいの小さなパグ犬でした。
環境が変わった事に気が付いたのでしょうか?






あたりを不安気に見回したりして、落ち着かない様子でした。
サークルの中に入れて家の中で飼うことにしました。





 ここから、我が家も変わり始めたのです。
家には、男の子の兄弟が居ます。

兄はヤング、弟はリオン。

「妹がいると、いいのにね」

リオンは、女の子の兄弟が欲しいのです。




ママは、考えて、パパに相談しました。
二人が、考えて決めたことは
メスのパグ犬を飼うと言うことでした。




「ちょうど、いいわ。あなたたちが育てるのよ」
ママは、パグ犬の世話を二人の兄弟に任したのでした。

パグ犬、彼女の名前がクリーンです。




パグは、何処からやって来たのでしょうか?

昔、ヨーロッパの貴族は、この可愛らしい
愛嬌のある顔が好きだとみえて、好んでパグ犬を
飼ったそうです。





性質がおとなしく人に懐くので
可愛がられたものと思われます。
イギリスやオースリヤの貴族の部屋の中で
愛嬌をふるって居たのでしょう。






それから、中国を通って
わが国にもやって来るようになったようです。





愛好家は、多く、ペットショップに行っても
必ず出会います。

不思議な事に飼い主は、お互いに
すぐ、親しくなってしまうのです。




近くの神社でお祭りが在りました。
兄のヤング、弟のリオン、それに、アンジェママとパパ
加えておばちゃんも・・・つまり、家族全員と言う事です。





そろい踏みで出かけました。大事な事を忘れました。

パグ犬
「クリーン」はもちろんです。

祭りの旗が靡いて、鳴り物が賑やかな音を出していました。
ピンクのお洋服を着せてもらった「クリーン」




まず、音に驚く!
次に、人に驚く!
足が止まって動かない!

家族の5人も立ち止る?

こんな事を繰り返し繰り返しているので
なかなか前へ進みません。
祭りの場所に何時着くのでしょう。





そんな思い出みんなが見守って歩いているのに
近所の柴犬が猛スピードで走って行きました。


それを見たとき
クリーンがいきなり走り出したのです。
クリーンがシバ犬を追いかけたのです。

紐を引きずって!!





5人の家族は、呆気にとられて
犬の後を追いかけるました。

よちよち歩きの子犬とは、思えない
行動でした。




リオンくんは、クリーンのあとを走って
何とか、紐をつかみました。

小犬とはいえ、犬の本能は、凄いです。




>>>ブログ・メルマガアフィリエイトで、お金を稼ぐしくみのつくり方


>>>
アフィリ新商品の限定販売スタート!


ラベル:パグ 犬
posted by ノンビー at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

(10)岩手・宮城・内陸地震から1年たって思うこと。

(10)岩手・宮城・内陸地震から、1年たって思うこと


昨年の今頃、岩手・宮城・内陸地震がありました。

仙台市の小学校では、
年生が自然体験学習をすることになっていて
花山少年自然の家が人気でした。





リオンちゃんも
5年生になったのでこの計画を楽しみにしていました。

6月14日の岩手・宮城内陸地震で
山も谷も集落もめちゃくちゃになってしまい
この計画は、中止せざるを得なくなてしまいました。






子どもたちは、残念がっていましたが
近くにある泉が岳少年自然の家が
受け入れてくれることになりました。

2日間の計画が1日と短くなってすこし残念だけれど
まずは、体験が出来る事になったので家族は安心しました。






この計画は、子どもたちが自分たちでご飯を作ったり
山登りをしたり、家庭で経験した事のない様々な体験が
組み込まれていて楽しいものです。





4〜5人の子どもたちが一つの部屋で宿泊をするので
自分のことは自分でしなければならない訳ですから
本当に良い体験になると思います。





こんな経験を積み重ねて彼らは
少しずつ成長していくのだと思います。

あの地震から、1年がたって、花山や協栄は、
大分、復興しましたが、地震の傷跡は大きく山々には、
深い傷跡がのこっています。





先日、ガムに沈んだ場所の近くで、行方不明者が遺体で見つかる
など、後遺症は、続いています。


夏の星の祭りに、犠牲者の冥福を祈らなければなりませんね。





今年は、何事もなくリオンちゃんも6年生になりました。

もうすぐ、”夏休み”が、やって来ます。

仙台では、8月6,7,8日が七夕祭りです。

また、賑やかなまつりがやって来ます。






都心の一番丁やアーケード街では
豪華な七夕飾りが風に揺れて涼しげな雰囲気をかもし出します。
お店の人々はこの日のために徹夜などして、吹流しを作ります。




町行く人たちは、今年は、藤崎の飾りがいいとか
「さくら野」がいいとか懸命に美しさを比較します。

町は、観光客を含めて、
上を向いて歩く人たちでいっぱいになります。
交通規制もない、開かれた通りは
行く人と帰る人が入り乱れて混乱します。





これは、毎年の事なのに
それでも懲りずに人出で賑やかな町になります。





20年位前は、素朴な七夕祭りでした。
子ども会の行事になっていてみんなで力を合わせて作った
「鶴」や「輪つなぎ」などを家の”いぐね”から切って来た竹に
ひとりひとり結び付けて願い事を書いて飾ったものでした。





何時の頃からか、子供会も
親たちが敷いたレールの上を走るようになって
子ども達の自主性がなくなり
いつも、受身で居ることの安易さに満足してしまいました。





こんな事でで、自立した人たちが育つとは思えませんが
流れの方向は別の様です。一体、どこで、子どもたちは
自分で企画し、行動するような機会があるのでしょうか?

心配です。
posted by ノンビー at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

独立家屋に引っ越す

(7)独立家屋に引っ越す


アンジェとかちゃんの関係が親密になってきて、阿東さんの
家族との中にも不満が出て来ているのではないか?
と、言うこともママは、考えました。







昼の間、子どもを預けていることもあって
大家さんとの良い関係を続けながら
アンジェに自分の家は、何処で
誰が家族の一員であるということを
分からせていがなければなりません。





「あしたから、自転車で通勤だよ!」
ママが言い出したので、
「どうしたの?」
アンジェは、不思議そうな顔をしました。




「アンジェも大きくなったのだから、
 パパとママとアンジェと三人で広いところに引っ越しだ」
パパは、アンジェを高い高いしました。






ちょうどその頃
大家さんの阿東さんの貸家が出来上がり
住む人を探していました。
ママは、決断しました。




家族だけの生活の始まりです。

「同じ大家さんなのでからいいだろう」
と、思ったからです。パパも賛成しました。

「お庭もあるし、お花を植えて楽しく暮らそう。」
ママは、少し忙しくなるけれど
パパにも手伝って貰らう。
そうすれば暮らしも楽しくなると
考えて居ました。





その事をかあちゃんに話すと
「朝、連れてくるの大変ではないの?」
と、すぐには賛成してくれませんでした。




でも、やっぱり何時までも人様を頼って生活して
居てはいけませんね。

亜鳥井家の決断でした。




朝、起きて洋服に着替えてママの自転車に乗って
かあちゃん家まで行き、預かって貰う。

夕方は、ママが迎えに行って帰る。
独立した一つの家で3人で生活する。





今までは、お風呂も入れてもらい
朝もアンジェは、お布団の中に置いたまま出勤したり
していましたから、

今度は、本当に一家としての生活が始まったわけになります。






パパも、早起きしてお布団の出し入れなどを
手伝ってくれるようになりました。
きっと、生活のけじめを付ければ
母親が誰かなどアンジェが迷うことも無くなることでしょう。
と、考えていたからです。


posted by ノンビー at 14:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

東洋の魔女と児童館

5)東洋の魔女と児童館

オリンピックが始まると
どこの家でも、テレビに釘付けになて居て
朝起きるのが辛い日々が続いていました。




赤ちゃんに、お乳をあげるために夜起きる事は
苦痛ではないのに、テレビに夢中になっていて
次の朝起きられないのは、困った事でした。




眠い目をこすりながら、仕事場に急ぐのが
みんなの日課になりました。

「バレーボール凄いね!」

「女子も男子も」

「勝て居るときは、安心してみていられるのだけれども、
 危なくなると心配になるよね」

そんな話が飛び交っていた。


「東洋の魔女だて!」

「ジャンプする姿が魔女なのかな!」

テレビの普及するまでは
あまり見たことの無い世界が目の前に映し出され
日本中が驚いているのでした。





金メダルの数が話題になり始めました。

メダルを取ることがそんなに簡単なことではないのに
人々は、メダルの数に執着し始めていました。





アンジェは、開会式の綺麗な旗の波や
ユニホーム姿のお姉さんやお兄さんに
興味を示すのか、音楽に反応するのか
テレビを付けるとおとなしくなりました。




日曜日には、パパの寝巻きの懐に入れられて
首だけ出した姿で画面を見ていました。
これは、我が家の子どもに可愛がり方と言えることでした。






「今日、PTAの総会があってね!
 町中の小林さんが「児童館をつくろう」と
 発言したの?
 そこにいたお母さんたちは、何のことか分からなくて困っていたよ」

大家さんのかあちゃんは、授業参観に行って総会にもでたのでした。



「東北大の事務室に勤めている人だって!小林さん」

「私たち、児童館て何に?」

聞いたの、そうしたら

「子どもが、学校から帰ったら、遊ぶ所だって!」

「何も、家の庭とか、野原で遊べばいいでしょうにね!」

かあちゃんと隣の奥さんは、考え込んでいるようでした。




アンジェのママは、町の人々が児童館の役割を、
まだ、理解していないんだ!
と、思いました。



そのころ、町では、働くお母さんが増え始め
学童保育やかぎっ子教室が話題になっていたのでしたが

この舘下の町では、意味さえも理解されないような
現状のようでした。




「働くお母さんて、アンジェのママみたいな人のことでしょう。
 アンジェが学校へ行くようになたら、家に帰ってこないで
 公民館の児童何とかに行くてこと!」

お母さんは、今にもそこへアンジェが連れていかれるかのように
怒りをあらわにしていました。

その話を聞いていたアンジェ・ママは困った顔をしていまた。




これでは、幼児教室の開講の話なんて、きりだせないわ!!
アンジェ・ママは、心の中で自問自答していました。




子育についての願いは、今も昔も変わらないのです。

子育てに忙しいお母さんたちは、忙しい中でも
子ども達の生活が安全で楽しいものであることを願っています。
それは、今も昔も変わらない願いです。





そのころ、アンジェの周りには信頼できる預かり主を探している
働くお母さんたちがたくさんいたのです。
その人たちは、欲を言えば、集団の中で
将来、自立に耐えられるような生活習慣を
身に着けさせたいものだと願っていたのでした。




しかし、田舎の社会の生活では
「こどもは、家で母親が育てるもの」

と言う考え方が一般的でしたので、「児童館の設立」や
「赤ちゃん教室」などと言う考え方は理解されがたいことでした。



「学校が終ってから、夕方までの間
 みんなと仲良く遊んだり、宿題 やったりする所が
 児童館なんでしょう。そうゆうところがあたら、助かるね」

呉服屋さんにお勤めの光子ちゃんのお母さんが言いました。


「役場では、その話がよく出るようになったの!」
と、ゆきちゃんのお母さんが言いました。




「ゆきちゃんのママ、今度の出張のとき
 どんなところか見学してきてよ」

アンジェ・ママは、ゆきちゃんのお母さんと
仲良しになっているようです。

「仙台では、まだでしょう。
 東京には、できているのかな?
 調べてみる!」

ゆきちゃんのママは、笑顔を見せました。
posted by ノンビー at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。