2011年01月01日

2011年の年明け・大荒れの日本列島

「子どもが微熱」「ガソリン切れそう」足止めの運転手ら不安な一夜−鳥取・大雪 

大雪で車約1000台が立ち往生した鳥取県の国道9号です。大雪.jpg

「ガソリンが切れそうだ」「子どもが熱を出した」。

国道沿いのコンビニエンスストアや避難所には12月31日夜から1日にかけ
渋滞で身動きが取れなくなった車の運転手らが食料品などを求めて次々と訪れた。
 


同県大山町のコンビニの店長(52)によると、出勤した31日午後7時の時点で、
既に国道は渋滞で車は全く動かない状態だった。



同店では弁当やパン類など食料品、使い捨てカイロが売り切れた



車に積もった雪を溶かすため、バケツに入れたお湯も無料で配布した。
客の中には、カーナビでコンビニを探し、約2キロの道のりを歩いて来た人もいたという。


大雪2.jpg

日本列島は元日の1日も強い冬型の気圧配置の影響で風が強く
日本海側を中心に大雪
となった。



気象庁は同日夜遅くにかけて大荒れの天気が続くとして
暴風や大雪、高波に警戒を呼び掛けた。



航空や鉄道などの交通の乱れ、高速道路の一部通行止めも続いた。



鳥取・大山では1日午前7時10分現在、積雪の深さが2メートル5センチ
24時間降雪量は1メートル38センチを記録し、いずれも全国最多の模様です。

国道9号線では立ち往生する車が一時約1000台に上った。
12月31日にはスキー場の雪崩で4人死亡しており、山陰地方では厳重な警戒が必要とみられる。


日本付近の上空には強い寒気があり、岩手県葛巻町では1日午前4時に積雪の深さが
1メートル14センチ、
鳥取県米子市では同5時に89センチとなり
ともに観測史上最深記録となった。



2日午前6時までの24時間予想降雪量は、多い所で、中国が80センチ
近畿と北陸が50センチ、九州北部が40センチ、北海道と東海
関東甲信が30センチ、東北と四国が20センチになる模様。
 


海上は波の高さが6メートルを超える大しけとなる所がある見込み。
1日の予想最大風速は海上が20〜23メートル、陸上が17〜20メートル。
posted by ノンビー at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/177914032

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。