2010年11月24日

佐賀:子育て支援イベント

子育てイベント「ばぶばぶフェスタ」に親子1万3千人が集合




ibennto.jpg

 子育て支援イベント「ばぶばぶフェスタどん3」(佐賀県、佐賀新聞社主催)が
23日、佐賀市のどん3の森一帯で開かれた。






「出会う・つながる」
をテーマに多彩な催しがあり、1万3千人が訪れてにぎわった。



会場は子どもの歓声に包まれ、子育ての喜びを分かち合った。




神野幼稚園(同市)の園児によるはつらつとしたマーチング演奏で幕開け
屋外では終日コンサートやショーがステージで繰り広げられ
無農薬野菜の販売や動物とのふれあい体験など多彩なブースも並び
大勢の親子が詰め掛けていた。

 



アバンセでは子育ての幅広い相談に応じるコーナーを設置
栄養士や薬剤師など専門家が健康や食事、親の就職などについてアドバイスをしていた。
フェスタは少子化や核家族化が進む実情に合わせ
地域全体で子育てを支える輪を広げようと昨年に続き開催した。
posted by ノンビー at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

子育てタクシー運行開始 全国最多の20社が導入

子育て支援タクシーの運行開始in山形



育児の研修を積んだ運転手が子どもや妊婦の送迎の手助けをする
「子育てタクシー」の運行が26日、県内でも始まった。

県の後押しを受け、全国最多の20社が導入した。

こどもタクシー.jpg

全国子育てタクシー協会(事務局・京都市)の登録商標で
講習を修了した運転手だけが行えるサービスです。

妊婦や子ども1人だけでも安心して利用できるのが売りで
車体の黄色いマークが目印だ。



県が講習費などの初期費用を助成するなど全面的に支援したこともあり
県内では76人の子育てタクシードライバーが誕生した。



この日、県庁で出発式があり、研修を積んだ運転手が
招かれた親子連れを送迎した。



中央タクシー(寒河江市)の菅野惣右エ門さん(56)は
「子どもの視点に立って、安全安心で快適な運行を心がけたい」と意気込む。



協会の内田輝美会長は
「子育てタクシーを信頼のブランドとして展開していく。山形モデルを全国に発信してほしい」
と話した。



サービスの利用は基本的に登録制
提供している会社は県のホームページや子育て支援課で案内している。

posted by ノンビー at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

子育てFM が支援 3世代ママが的確助言

子育て FMが支援:3世代ママ 的確助言

番組.jpg

番組のパーソナリティーを務める高橋さん(右)と大川さん(尼崎市のエフエムあまがさきで)


 尼崎市のコミュニティーFM「エフエムあまがさき」(82・0メガ・ヘルツ)で
今月始まった子育て支援番組「親子すくすくラジオ」が快調な滑り出しを見せている。



パーソナリティーは20歳代の「ヤングママ」、30歳代の「ママさんDJ」70歳代の「ベテランママ」の3世代が担当。



それぞれの立場から

「子どもは泣くのが仕事と考えて気を楽に」

「カラオケやランチで上手に息抜きをして」と

奮闘中の母親の気持ちを和らげるトークを続けている。




 番組は毎週土曜日の午後2時半からの30分間。


同局のDJで、小学3年の長女を育てる高橋恵美子さん(37)(大阪府大東市)
子育てアドバイザーの安田幸子さん(73)(尼崎市)
1歳の長女がいるママサークル「Cherish(チェリッシュ)」
代表の大川奈奈枝さん(22)(同市)が出演している。



 番組では、高橋さんがメーンの進行を務め
安田さんが尼崎市内で小学校教諭を務めた経験や
心理カウンセラーの資格を生かし、若い母親にアドバイスを送る。



高橋さんが夜泣きで眠れなかった自らの経験を披露したときには
安田さんは「子育てはときに開き直りも必要」と助言していた。



 育児ノイローゼになりかけた体験のある大川さんは月1〜2回
若い母親の立場で参加。バーベキューやランチ会でママさん同士の親睦(しんぼく)を
深め、子育ての悩みを語り合う活動への参加を呼び掛けていた。



 同番組では、子育てグッズの紹介や
尼崎市内の子ども連れに優しい店のマップ作りなども検討中。
子育てに関する相談や情報提供も募集している。
同局にファクス(06・6483・2501)や
メール(mail@fmaiai.com)で。

(2010年10月25日 読売新聞)
posted by ノンビー at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。