2009年11月09日

スポーツ少年団とは?、日本体育協会の仕事

スポーツ少年団とは?、日本体育協会の仕事



近年は、健康ブームによって、国民のスポーツに対する関心は高まっています。




財団法人日本体育協会は、国民に「みんなでスポーツを!」
の標語を掲げて広く呼びかけるとともに
スポーツ環境の醸成と楽しく安全なスポーツ活動の
実践をサポートしていく組織です。





わが国における国民スポーツの統一組織として
子どもたちから高齢者まで、生涯スポーツ社会の実現に
向けた事業を推進する特定公益増進法人の団体です。




日本体育協会は、オリンピック大会参加を契機として
明治44(1911)年7月に嘉納治五郎を初代会長として創立されました。




オリンピック大会参加だけにとどまらず、設立当初から「国民スポーツの振興」と
「国際競技力の向上」を役割とし、第二次世界大戦後まもない昭和21(1946)年に
初めて開催された国民体育大会は、今日では国内最大の総合スポーツ大会へと
発展しました。




昭和37(1962)年には、日本スポーツ少年団が創設され、
スポーツによる青少年の健全育成に努めています。




また、昭和39(1964)年には
東京オリンピック大会を開催されたことが
国民のスポーツへの関心に対応して
国民スポーツ振興のための事業を積極的に展開することになりました。




以来、スポーツ指導者の育成、生涯スポーツの振興、国際スポーツ交流
スポーツ医・科学の研究など、諸事業を幅広くすすめられています。
 



平成元(1989)年に日本オリンピック委員会(JOC)は
本会組織から分離・独立し、オリンピック競技大会等への選手団の編成
派遣と、競技者の育成を担うことになりました。




日本体育協会は、スポーツ振興と国民体力の向上
さらにはスポーツ精神を養うことを大きな責務となっています。




そのため、平成13年1月に21世紀の国民スポーツ振興方策を立案して
競技団体や地方の組織と連携・協力し、さらなるスポーツ界の発展へ
向けた方策を推進するよう努力をおしみません。




なお、必要な財源の確保(国、スポーツ振興くじ
公営競技、日本馬主協会連合会、スポーツ振興基金をはじめ
各種企業団体等の支援協力)に努力するなど
わが国のスポーツ界における競技力向上と生涯スポーツの振興が
実を結ぶように常に努めています。

サクラサク高校受験勉強法 坂本七郎 家庭学習コンサルタントが教える学習方法 講座

自宅で、一人で、わずか35日間で改善してしまう吃音改善プログラム 井坂京子 方法

posted by ノンビー at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。