2009年09月02日

ベビーシッターの仕事内容と将来性について

ベビーシッターの仕事内容と将来性について



ベビーシッターの需要は、年々、増える傾向にあります。
共働きの家庭が増えてきていますが、こどもを預かる
施設は、それほど増えてはいません。



そのため、親など養育者との契約にもとづき
養育者が家庭にいない間に子供を一時的に世話をする
人を求める傾向にあります。




その内容により、個人の家庭に派遣される場合と
ベビーシッターの自宅や施設に複数の子供と一緒に
預かる場合がある。




いずれも営利を目的とした民間サービスですが、
地域によっては市町村が補助金を出して運営しているものも
あります。家庭保育室とか昼間里親、ベビーホーム、ベビーホテル
などです。




一定の訓練や研修を受けある程度の
専門知識を持つナニーなどとして運営される場合もあります。





ベビーシッターの勤務形態と給与水準


それぞれの需要、地域性などによって異なるので
いちがいにいえなませんどの、延長保育や夜間保育な
の需要が多い都市部では日勤、遅番、夜勤などの
フレックスタイム制による勤務もあります。




ベビーシッターの収入面について


ベビーシッターの需要や地域性などによって異なるので
いちがいにいえませんが、ほぼ保育士に準じたものとなっています。




採用までの道のり


家庭の主婦など社会人で保育士の資格を取得しているか
または、家政婦などとしての実務経験があるもしくは子育ての
経験などを生かしたりして仕事に就く方法があります。




求人状況は、欠員が生じたときなどに
採用されるのが一般的です。




就職する為のコツについては
とくに学歴などは問われないのですが
全国ベビーシッター協会では「ベビーシッター業の自主基準」
を作成、その資質の向上に努めている関係上、保育士の資格は
取得した方が有利です。




ベビーシッターの活躍する職場と将来性について




近年は少子化の状況にあるとは言うものの
都市部では共働きや女性の社会進出などによって
保育所が不足しています。



また、保育所は原則として産休明けや
生後5〜6ヶ月の乳児の保育あるいは
延長保育や夜間保育、緊急時保育を行っている
ところは、少ないので、需要は年々増えているだけに
今後もすきま産業として有望であようです。

毎┃日┃誰┃か┃に┃一┃万┃円┃♪┃ 今日のちょびリッチ好評開催中
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛    \(〇・∇・〇)/   
 キャッシュバック実績9億円以上!ただ今100万人がお小遣い稼ぎ中♪
 http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1BTLLA+86PL82+1HKC+60WN7
 ポイント貯まる。ドンドン貯まる。 お小遣い稼ぎならちょびリッチ!!


子育て支援の歴史「この家族の物語」
「趣味起業」節約なしで、愛のある生活を夢見るブログ
posted by ノンビー at 09:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 赤ちゃんの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。